読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三月のライオン実写版を見てきました

f:id:gachi0923:20170319182914j:image

 

三月のライオン実写版を見てきました

f:id:gachi0923:20170322181217j:plain

www.3lion-movie.com

 

 

ネタばれを含みますのでご注意ください

 

漫画は全巻持っており、アニメも見てますので

やはり薄い感は否めません

 

映画なので時間の制約もあるし、

仕方ないですけどね

 

また、漫画、アニメの世界観ではなく

映画版の世界観と感じました

 

漫画、アニメ版は川本家が出てくるときは

比較的明るい、ほのぼのとした感じですが

実写版はあまりそういった感じはありませんでした

 

キャスト

基本、漫画に忠実な配役だと思います

 

桐山零…神木隆之介 

るろうに剣心、バグマンなど実写化に多数出演されてます

この年代でこの役をやれるのは神木君しかいないでしょう

るろうに剣心の瀬田宗次郎に次ぐはまり役と感じました

 

幸田香子…有村架純

ふわっとした役が多いイメージ

あまりきつい役を見たことないけど、

声がはまってる感じ

 

 

二階堂晴信…染谷将太

マジで太ったのか?特殊メイクか?

役作りがすごい

二階堂っぽくない配役かと思ったけど、見た後は結構はまってた

 

ひなちゃん、ももちゃんは

漫画、アニメが可愛すぎて比較したらだめです

 

後藤…伊藤英明

あまり期待していなかったらか(失礼…)

かなり良かったです

目力すげえ

 

島田開…佐々木蔵之介

さすがだなと思います

何やらしてもうまいですね

 

盤面上でのギラついた目

お菓子もぐもぐ

最高です

 

あらすじ

漫画でいうと、だいたい4巻くらいまで進みます

いろいろ端折られてますが、仕方ないですね

 

不意の交通事故で両親と妹を亡くした主人公の桐山零

プロ棋士の幸田に引き取られる際に、

初めて生きるために嘘をつく

 

将棋が好きでもないのに、将棋が好きと

 

プロ棋士の幸田に引き取られた零君

最初は弱いけど、めきめきと頭角を現し、

義理の姉と弟を負かすほどに

 

ただ、将棋は生きるための手段、

生きるためには将棋で強くなるしかない

 

史上5人目 

中学生でプロ棋士になった零君

 

幸田の家族とあまりいい関係ではなくなってしまったため、

零君は家をでて一人で暮らします

原作ではもっといい家に住んでるんだけどな 

 

ひょんなことから川本家に厄介になり

物語は進んでいきます

 

まとめ

漫画の様に零君の心象風景を描くところはほぼありませんでしたし

全体的に薄いです

それは漫画、アニメ版を知ってるからでしょうしね

総じて良かったと思います

 

スタッフロールの後に後編の予告があるので

最後まで席を立たないほうが良いです 

 

ただ、幸田さんの「こんな時天気の話しかできない」とか

 零君はもっと叫んでほしいとかね…

 

 

闘いの前編、愛の後編

後編も見に行きます

 

やっぱり、将棋がわかったらもっと面白いんだろうなと

将棋がわからなくても十分面白いですけど

 

来週は三月のライオン映画とアニメの展覧会に行こうかと思います

3lion-exhibition.com